太郎吉蔵

滝川駅近くにある太郎吉蔵は、
商業地として繁栄を誇った頃の歴史を伝える貴重な建築です。

1926年に五十嵐太郎吉(1879~1937)が
五十嵐酒造店の醸造米の貯蔵倉庫として建設し、
銘酒「滝の誉」と「滝の友」を売り出しました。

美瑛軟石と推定される木骨石造り約170平方メートルの建物で、
戦後、醸造業から撤退した後は食料品問屋、
株式会社五十嵐商店の倉庫として1970年まで使われました。
少年・五十嵐威暢とその友人達の人気の遊び場でもありました。

多くの貴重な建造物が取り壊される歴史の中で、
2004年、私達は先ず、
この蔵を魅力的なプラグラムが展開される空間として再生し、
芸術イベントの開催、五十嵐アート塾の会場、
さらには地元を始め、希望の方々に
貸しホールとして使っていただく活動を始めました。

滝川に点在する歴史遺産は、
日常的に使われて来たものがほとんどです。
美しい自然にしても、いわゆる絵葉書のような美しさではなく、
北海道であれば普通の風景です。

しかし、日常生活に溶け込んだ普通の建造物や風景こそ、
多くの人が憧れ、共感を覚える大切な環境です。
このようなかけがえのない歴史遺産を保存し、
活用しながら未来へ引き継いでいくことは、
私達の活動の大きな目標のひとつでもあります。


太郎吉蔵改修設計チーム

建築改修設計 : 中村好文/建築家
照明計画 : 東海林弘靖/照明デザイナー
外構計画 : 斉藤 浩二/ランドスケープアーキテクト
扉および換気塔彫刻制作 : 五十嵐威暢/彫刻家
改修計画報告書デザイン : 原研哉/デザイナー

太郎吉蔵改修工事にご寄付いただいた企業・団体

札幌駅南口開発株式会社、サントリー株式会社
日本電設工業株式会社北海道支店、清水建設株式会社北海道支店
北海道クリーン・システム株式会社、北海道文化放送株式会社
鹿島建設株式会社、株式会社西原衛生工業所札幌支店
高砂熱学工業株式会社札幌支店、札幌交通機械株式会社
株式会社ドウデン、株式会社オリエントコーポレーション
株式会社北海道ジェイ・アール・ビルト、城戸崎建築研究室
エー・アイ・エム株式会社、44の会
ジェイ・エヌ・オー株式会社、株式会社中川ケミカル
株式会社キタバ・ランドスケープ・プランニング、しのじま皮膚科
株式会社中山組、株式会社青木コンセプト事務所
古今研究所、株式会社竹尾
日本オーチス・エレベーター株式会社北海道支店
フジテック株式会社北海道支店、昭謡会、
株式会社日立ビルシステム北海道支社
三菱電機ビルテクノサービス株式会社北海道支社
株式会社ミクロ技術研究所、有限会社エイケー設計事務所、
鈴木内科クリニック、コールマンジャパン株式会社、
株式会社日立製作所、太陽北海道地域づくり財団、
谷口板金工業所、株式会社環境設計、株式会社伊藤喜三郎建築研究所
株式会社北星、設計組織プレイスメディア
医療法人幸陽会中垣脳神経外科病院、アレイホール
滝川自動車工業株式会社


■太郎吉蔵の利用について■

太郎吉蔵は貸しホールとしてご利用いただけます。
下記の利用規約を参照の上、お申し込みください。ステージ不要時は、床面と同じ高さまで下げての利用が可能です。
備品として、客席用椅子100脚を準備しております。
中庭及び別棟の以下施設もご利用いただけます。

  • 男性用化粧室x 1
  • 女性用化粧室x 2
  • 多目的化粧室x 1

 

太郎吉蔵利用料金表
午 前
9:00-12:00
午 後
13:00-17:00
夜 間
18:00-22:00
全 日
9:00-22:00
平 日 4,600円 8,000円 8,000円 18,000円
土・日・祝 7,000円 10,000円 10,000円 23,000円

冬期間の暖房使用時は、暖房料として1時間200円を加算します。


floorplan
備品使用料金表 1時間あたり
音響機器一式(アンプ・スピーカ×4・ワイヤレスマイク×2) 300円
音響機器単品 ※上記音響機器各機種一括ごとに 100円
照明機器(スタンド式灯光器×2) 100円
映写スクリーン 100円
備品リスト 数量
椅子 119脚
椅子(肘掛テーブル付) 6脚
展示台(600mm x 2400mm) 2本
会議用テーブル 2枚
会議用テーブル(キャスター付) 3枚
折畳みテーブル(760mm x 760mm) 3枚
折畳みテーブル(480mm x 480mm) 4枚
ポータブルストーブ 2台
スクリーン(3.15m x 3.15m) 1張
脚立 2本
梯子 1本
照明(スタンド式) 2本
ステージサイズ(横3579×奥行3565×高さ402(客席側)/395(搬入口側)mm)

【太郎吉蔵利用規約】

はじめに

「太郎吉蔵」は滝川の歴史をとどめる大切な建造物です。特定非営利活動法人アートチャレンジ太郎吉蔵(以下、当NPO)はこの貴重な石蔵の寄贈を受け、改修整備を行い、今後、広く一般にも開放して、当NPOの自主企画イベントとともに運営いたします 。

 利用の目的

芸術文化の発信基地として、太郎吉蔵は美術、音楽、演劇、伝統芸能など広範囲な領域の芸術活動の発表と研究の場として利用されることを目的としています。(目的外の利用については事務局にご相談ください。)
また、歴史的建造物の再生利用の理想を目指す当NPOは「太郎吉蔵」が持つ蔵の雰囲気を生かした利用を奨励し、優先いたします。

利用上の注意事項

  • 所定の人員(120人)を超えての入場を禁止します。
  • 館内で料理および飲食や喫煙は原則として禁止します。(レセプションでの飲物とスナックについては事務局にご相談ください。)
  • 風紀を乱す恐れのある方の入場は固くお断りします。
  • 危険物や動物等の持ち込み、他の方の鑑賞に迷惑となる器物の持込を禁止します。
  • 床、梁、柱などの建築本体に釘やネジなど直接使用することは禁止します。 (詳細については事務局にご相談ください。)
  • その他、公序良俗に反する行為を禁止します。

利用責任者の遵守事項

  • 所定の利用申し込み書にて申請し、使用許可書の交付を受けてください。
  • 利用申し込み後の又貸し等はできません。
  • 利用目的が申請と異なる場合、申請に偽りがあった場合、太郎吉蔵のイベントとして相応しくない場合、その他運営上問題がある場合などは利用を取り消します。
  • 利用を終えたときは、直ちに原状に回復し、係員の点検を受けてください。
  • 利用される方が、当施設の備品等を破損・滅失した場合は、相当の弁償を求めます。
  • 利用中に持ち込まれた機材・備品・金品等は自己管理をお願いするとともに、破損・盗難の損害については、当NPOは責任を負いません。
  • 駐車場での事故についても、当NPOは責任を負いません。
  • 天災・停電・機械等の故障により生じた損害についても当NPOは責任を負いません。

 ※次の場合は、施設の利用を停止します。

  1. 注意事項・遵守事項に違反するとき。
  2. 公序良俗に反する恐れのあるとき。
  3. 施設または設備を汚損・破損の恐れのあるとき。
  4.  その他、管理上支障があると認められたとき。

利用の申し込み

  • 利用の日の1年前より10日前までの間に所定の申請書(または下記申し込みフォーム)による申し込みを受け付けます。
  • アートスペースとしての利用を最優先として受け付けします。芸術活動と無縁の利用に関しては、前もって事務局との協議が必要となり、許可に時間を要する場合があります。
  • 申請内容の変更、取り消しなどは速やかに(利用日の10日以前)連絡し承諾を受けてください。
  • 下記事項に該当する場合、当NPOと使用上の協議が必要となります。
  1. 照明設備、その他の設備および機械類、仮設工作物、看板等の設置、舞台造作物
  2. 物品販売、宣伝
  3. 開館時間(9:00-22:00)を超える利用
  4. 大型機材を含む機材の持ち込み

利用料金

  • 利用料金は使用許可書の交付と引き換えに全額を納入していただきます。
  • 営利を目的とする興業、会合、商品の展示、即売等に利用する個人及び法人は、上記利用料金表の10割増の利用料金を納入いただきます。
  • 連続利用につきましては、3日目より利用料金を4割減額いたします。
  • 既に納入した利用料金は、特別な事情がない限りお返ししません。ただし、利用者の責任によらない理由で利用不能になった場合は、全額お返しいたします。
  • 入場料に類するもので一人あたりの額が5,000円を超える催事は5割増しとします。

太郎吉蔵利用申込書

お名前(団体名)
ご住所
電話番号
E-mail
催物名
催物の内容
収容予定人数(定員120名)
利用開始日
開始時間
利用終了日
終了時間

入場料
販売品
ドリンク
前庭利用
備品利用
その他、事務局へのメッセージなど
Copyright © 2018 Art Challenge Takikawa.